FC2ブログ

スポンサードリンク

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング にほんブログ村 犬ブログへ

プロフィール

LIN

Author:LIN
犬も猫も大好きです♪
元トリマー

コメントお待ちしています♪

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

HOME > スポンサー広告 > title - 日本人はなぜペットショップで動物を買うのか?HOME > [子犬を飼う前に]ペット業界の裏側を知る > title - 日本人はなぜペットショップで動物を買うのか?
FC2 managemented FC2 managemented

コメント

「この子たちはどこから来るのだろう?」――ずらりと並んだガラスケースの中のかわいい子犬を目の前にして疑問を抱く人はほとんどいません。まったくそのとおりです。こういう事実をもっと世間に広めてください。それから、ペット関連のニュースはいいですね。

酷いブリーダーがいるとは知っていましたが、ここまでとは...
本当に、ペットショップの店頭に、『犬を飼うなら、動物愛護団体のサイトで!』って張り紙を貼って回りたいくらいですね。

六本木に数年前出来た、ペットショップは、六本木のホステスさんがお客様に買って貰うので、大盛況ですよ。
本当に張り紙してこようかなぁ...

こんにちは
はじめまして

私もペットショップで生き物を販売するというのは反対です。
生き物は大好きですが ペットショップに行くとかわいそうになってくるので
行かないようにしています。

いいペットショップも もちろんありますよね。
私が実家にいた頃にキャットフードなどを買いにいっていた店は
そうでした。
売れ残りの犬や猫は自分の家で飼っているようでした。
売れ残って大きくなってしまったハムスターも、下の方のカゴでしたが
清潔な環境で飼われていました。

それでも
命を売買していることには代わりはありません。
血統書のついた犬や猫を欲しがる人々がいるかぎり、悪質なブリーダーは後を絶たないでしょう。
需要があって もうかるのですから。

そして、ろくに知識を持たない飼い主に買われ、まともなしつけもされず
最後には「手に負えない」「飽きた」などという信じられないような
理由で保健所に連れて行くのです。
ハスキー犬のブームの後、保健所はハスキー犬だらけだったそうです。
大型で手間のかかる犬をただ流行りだからと言って買う人々・・・

犬や猫を飼いたい方、
保健所にいって 1匹でもいいですから 処分される命を救ってあげて下さい。

良かった、私と同じ考えの人たちがいて!
わたしはダックスフンドを3年前にペットショップで買いました。その後、うちのロン(ダックスの名前です)には喉の弁に奇形であることが分かり、獣医師さんには1年しか生きられないでしょうといわれました。 ペットショップに連絡すると
「交換しますので…。」
もちろん私は怒ってでんわをきりました。交換したらこの子はどうなるんだろうと思ったから、もちろん既に家族でした。 それからです。ペットショップに常にいる子犬に疑問を持ち始めました。大きくなると安くなる犬や猫たち…この後は。それからは可哀相で気軽にペットショップには行けなくなりました。

私がロンを飼ったときは、ダックスフンドが流行っていて おそらく、近い血縁同士または親子同士でたくさん交配させられた結果であると思いいます。

私の希望は、犬・猫がほしいと思ったら。→ブリーダーさんに頼む→欲しいという人が集まったら交配してもらう→子犬が産まれたら、ブリーダさんのところ まで 家族できてもらう。→ブリーダさんに、この家族は一生飼えるか否かを 判断してもらう→子犬・子猫が6ヶ月になるまでは親元においてあげる→6ヵ月後やっと子犬・子猫が来る

この方が、本当に命を大切に思えるような気がする んです。なので私はロンを買った時点で、ペットショップに加担してしまったと大後悔です。 ロンは現在3歳になりますが、危ない時期を何度か繰り返しながらまだまだ元気に育っています。これからも、大事に愛情を注いで行きたいと思っています。

このつながりで、少しでもペットショップの現状が変わればと思います。微々たる力ながら、みなさんと大きくしていきたいです。

はじめまして。
私は犬を飼おうと色々ホームページを見てまわっています。テレビで放映されていることもありましたし、今回書かれてるようなことは本当に多いのでしょうね。この記事を読んだ後、犬を飼うのを迷ってしまいます。ペットショップのページやその店長のブログを読んでいましたが、そんな悲惨なことはまったくうかがえません。ただ今回犬を飼おうという理由が、母をなくし父は独りの生活を送っています。なかなか外に出ない父の為に散歩の相手を務めてくれるパートナーを探しているのが本音なのです。不純な動機も知れませんが何かいい方法はないもんでしょうか?こういった呼びかけこれからも頑張って下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://dognet.blog76.fc2.com/tb.php/7-04f95700

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。